ホーム : 初めての墓石購入

京都に住み、京都に眠る。
墓地・霊園・京石碑について

初めての墓石購入。その不安を解消

お墓を建てることは家を建てるのと同じく、一生に一度の大きな買物です。亡くなられた人への想いやご先祖様への感謝、ご供養の念など、遺された方々の、さまざまな愛のこもった供養塔であるだけに―。ご自分だけでなく何代にも継がれ、ご供養される墓石だけに―。より安心のできる墓石と石材店をお選びいただく事が大切です。でも、普段は縁の無い“墓石”の購入。初めてで知らないことや不安なことが、いろいろあると思います。そんな墓石選びの《安心できるポイント》をご紹介いたします。


墓石選びのポイント

1.京都・関西での墓石材は青御影石(花崗岩)が主流です。

昔は加工のしやすさから、砂岩系の和泉石が多く使われていました。古い墓地で良く見られる、薄茶色で表面がはく離した墓石です。
でも今は加工技術や機械が進歩し、非常に硬質で耐久性の高い御影石が良く使われるようになりました。御影石は表面を研磨することで鏡面のように美しく仕上がり、長年にわたり美しさが保たれます。産地により白、赤、黒、桃、錆と各種の御影石がありますが、京都をはじめ関西では、昔から青御影石が主流で、人気があります。



2.青御影石には国産と外国産があります

国産青御影石は主に瀬戸内海沿岸地域で産出・加工されます。香川県の庵治石、青木石、愛媛の大島石などが銘石と呼ばれ、京都でも人気のブランドです。
国産は産出量が少ないだけでなく、表面の傷やボセイなどを避けて加工すると、さらに製品化数が少なくなります。特に庵治石は10%の製品化率と言われます。それだけ希少で手間ひまもかかり高価ですが、墓石として使用され300年以上の実績があります。
京都の方は比較的、国産の石にこだわる方が少なくありません。国産の石は日本の気候風土になじんで安心感があるとともに、不思議と日本人好みの石目に感じること、また今後もますます希少価値が高まるので、まだ購入できる今が買い時という方も少なくありません。

一方、外国産青御影石は中国産が主流となっています。墓石材としての実績は20年ほどです。それ以前は韓国産が使われていました。中国産は安いのが最大の魅力です。
ただ韓国産がソウルオリンピックを境目に経済成長し高くなったように、中国産も同じ傾向にあります。墓石の実績が浅いため、梅雨があり、夏暑く、冬凍てるなど気候変化の多い日本で、どれだけ耐久性があるかわからないのが現状です。また中国材には多くの種類があり、選べることはメリットですが、新しい石種ほど国内の施工実績も少なくなるので、石材店が厳選した石を選ばれるほうが安心といえます。

国産と外国産どちらの墓石を選ばれるかは、お客様それぞれの価値観や基準がありますので、一般的な傾向しかご注意できません。墓石は何よりも“ご供養されるお気持ち”が大切であり、私たちは、それを第一に、ご安心のできるプランをご提案いたしております。



3.墓石は必ず石材店の店頭で実物を見てお選びください

実物を見てお選びください

営業の人に墓地で墓石の説明を受け、決めることは絶対避けて下さい。風雨にさらされた墓石は日に焼けて石目や色味が無くなったり、逆に汚れや水分を吸って濃くなったりしているからです。微妙な石目の違いは店頭で、他の石と比較して見ないとわかりません。特に銘石といわれる石は色目やきめの細かさも異なり、むろんボセイといわれる石のムラやキズもありません。微妙な石の違いも横に並べればわかります。必ず石材店の明るい店頭に飾られた実物を見て、比較して、お好みの石をお選び下さい。



4.墓石の購入には以下の費用が必要です(弊社例)。

①基本的にかかる費用
●墓石
※料金には墓石本体価格に字彫り代、施工費が含まれます。
※ご相談・見積もり・図面作成は無料です。
※山地の荷揚げなど据付までに手間がかかる費用は別途料金です。
●石棺・納骨所、付属品
※関西では土に還りやすいように石棺の底は真砂土になります。
※付属品は花筒、香立て、水塔婆立て(浄土真宗は不要)等のステンレス金具です。
●納骨費用
※弊社で新設された場合は、サービスとさせていただいております。

②必要に応じてかかる費用

納得の価格
●巻石・外柵
※既に墓地に巻石が設置してある場合は必要ありません。
※巻石には地付型、舞台型、玉垣や須浜付など各種あります。
●大塔婆立て・水塔婆立て
※大塔婆・水塔婆は浄土真宗の場合は設置の必要ありません。
●墓石灯篭、荷物置き、他
※墓所の広さやお好みに応じて別途見積もりとなります。

③ご法要料
※お精念抜き供養、開眼供養、納骨法要等はお寺様へご相談下さい。



5.目先の価格より、総合的な安心感でお選び下さい。

安さを基準にするのなら、墓石は中国産石材の中国加工になります。また青御影石でなく白御影石なら安価ですが、白御影石は建築用に多く使われ、京都では墓石材としては、あまりお勧めはできません。中国の墓石をまとめ買いして、不良品を低価格で“目玉商品”としたり、また工事費や文字彫刻費を本体価格に含まず別にしたり、必要な付属品をオプションにしてしまえば、一見低価格の設定ができます。特に国産の大島石は5等級まであるので、単に“大島石”と書いてあるのでは不安もあります。安売り店が全て問題というわけではありませんが、商品を流すだけのブローカーでは、何代にも続く墓石のメンテナンスも心配です。



6.図面、見積等、的確な資料でご検討下さい。

設計図と見積り

家を建てる時に設計図と見積もりが必要なように、墓石を建てる時にも必要です。通常は営業社員が現地調査をし、お客様のご希望を良く伺ってから、完成図面とお見積もりが提出されます。必ずご納得してから、ご注文して下さい。業者にまかせきりで図面もなく、墓石を建てたけど希望通りでなかったり、聖地内に収まらなかった、という笑えない失敗も防げます。



7.石材組合の加盟店や地域で実績がある店をお選び下さい。

一度建てたら墓石は、代々まで続いて残るものです。それだけに、その店舗のある場所で何代にも渡って商売を続けてきた石材店や、京都で信用のある石材組合等に加盟している業者を選ばれることをお薦めいたします。特に最近はインターネットで安売りする店も見られます。でもその実態は地域に根付いた店でなかったり、お寺への出入りが少ない店もあります。仮にご購入の時は安くても何年か後に店が無く、売り逃げされることも考えられますので、くれぐれもご用心下さい。



■芳村石材安心の建墓システム

建墓システム

↑ページ先頭へ