ホーム : お墓とその構成

京都に住み、京都に眠る。
墓地・霊園・京石碑について

京都のお墓とその構成

愛する方がお亡くなりになられた時、その御霊(みたま)をご供養し、ご遺族の悲しみを癒すとともに、忘れえぬ愛と感謝の心をひとつのカタチに残せるのがお墓です。墓前へお参りのたびに日々の暮らしの報告をし、亡き人と語らう。家族一緒のお参りが、家族の愛と絆を深めてくれるようです。お墓は家系の象徴として親から子へ、孫へと代々守られ、ご先祖様との“心のふれあいの場”となる大切なメモリアルストーンです。

私どもは特に「京都の石屋」として京都型のお墓をお取り扱いさせていただいております。良くご利用いただいているお墓の種類や特徴、構成について、ご案内させていただきます。



京都で使われる墓石の種類

①京都型墓石

京都型墓石

現在のお墓は石を下から下台、中台、棹石と重ねた「3段型の本磨き仕上げ」が一般的です。その3段型を基本に香呂や供物台に変化をつけて、京都型、大阪型、神戸型など地域に応じた標準的な形があります。京都型は下台の上にのせた香呂が、三味線バチを逆さにした形で、香呂と供物台が別々なのが特徴です。供物台は納骨所の蓋の役もあり、お骨は供物台の後ろから入ります。京都では青御影石が標準です。特に国産の石材では庵治石や大島石が昔から良く使われ、今でも絶大な人気があります。

水きり加工

水切り加工

お墓の大きさは棹石の幅で決められています。棹石の幅が8寸(24.24cm)を京都8型と呼び、1聖地墓地の多い京都市内では標準的な大きさです。4聖地以上の広めの墓地は、9寸型や10寸型が多く選ばれます。弊社のお墓の場合は、特に雨水等がお墓の天端に残らないように、水切り加工を標準仕様としています。
※注)1寸=3.03cm×8寸=24.24cm

②五輪塔

五輪塔

五輪塔は、日本独特のもので平安後期から出土が見られますが、中国や朝鮮には、その遺品が見られないようです。もともと密教系の信仰の対象として建立されていたのが、墓標として宗派を超えて流行して、宝篋印塔ともに日本での墓石の二大主流のひとつとして現在も広く用いられています。五輪塔の形は密教で考える宇宙の構成要素である五つの要素、地(地輪)、水(塔身)、火(笠)、風(請花)、空(宝珠)を組み合わせています。また、宇宙そのものの存在である“大日如来”を象徴しているとも言われてます。昔は信長、秀吉などの戦国大名をはじめ武家が好んで建てており、京都にも多く見られますが、高野山墓地には大型の五輪塔が数多く建ち並んでいます。また現在では、五輪塔はその独特な形が好まれて、個人墓として建てられる方もおりますが、基本的にはご先祖様の供養塔として家族墓と並べて建てられる方が多くなっております。五輪塔の大きさも普通のお墓と同じに、8寸、9寸で区分けされ、8寸のお墓には8寸の五輪塔が建てられます。

③宝篋印塔

宝篋印塔

宝篋印塔は、もとは宝篋印シンジュ経というお経を納める塔からその名がつきましたが、後にその塔形の名称となったものです。特に平安の中期頃、中国の呉越王銭弘淑がつくった八万四千塔にならって、簡略したものが石造となったと伝わっています。鎌倉中期以降に密教系の塔として現れ、貴族が好んで建てたとも言われています。独特な形で塔身の上の四隅に花びらのように立つ、隅飾突起が開いているほど近年の形といいます。五輪塔とともに、昔から人気のある供養塔です。

④多宝塔

多宝塔は法華経に出てくるもので、お釈迦様が法華経を説法している時に七宝塔(多宝塔)が現れて、中にいた多宝如来がお釈迦様の教えに感じ入り、座っていた席を譲りともに並んで座った、という話から伝わったとされています。多宝塔はお釈迦様と多宝如来を安置して礼拝するものとして、平安時代に密教系の塔として造られていました。その後、浄土思想が広がる中で“多宝如来は、お釈迦様が入滅後に法華経を実現する役割を持った仏さまである”という教えが広がり、多宝塔を墓石に転用するようになったようです。多宝塔は五輪塔や宝篋印塔に比べて、塔身や傘の意匠性に自由度が高く、さまざまな形が見られ、京都を中心に各地に重要文化財として残されています。現在でも高級感のある墓石として、好んで建てられる方がおいでになります。

⑤和洋墓(弊社オリジナル)

和洋墓(弊社オリジナル)

縦文字が大きく使える仏式の和墓と、モダンな洋墓のフォルムを組み合わせた、弊社のオリジナル墓です。

⑥洋墓

洋墓

京都の寺院墓地では和墓が一般的ですが、霊園などでは横型の洋墓を建てられる方が増えていま。洋墓の場合は、青御影石以外に黒御影石、赤御影石、桃色の御影石と、さまざまの色の御影石が見受けられます。


当店では国産銘石をはじめ、お手ごろな外国産墓石まで、ご予算に応じてご用意いたします。標準的な京都型墓石から五輪塔、宝篋印塔などの和墓以外にも、洋墓、特別創作墓と、お客様のご希望に応じた意匠の墓をご提案いたしております。すべて現地の確認のうえで、お客様のご要望をお伺いし、CAD図面を作成してお見積もりをお出ししております。

↑ページ先頭へ



お墓の構成

巻石、墓石、納骨所の3つを基本に、その他、各種の付属品により、お墓は構成されています。

お墓の構成


お墓の構成

■巻石・結界石

巻石は、現世と来世(浄土)をわける結界の意味と、他の墓地との境界としての役割、そして地盤沈下や地崩れを防ぐ機能があります。形は大きく分け、地付きと舞台式があり、同じ舞台式でも和式と洋式により、デザインが異なります。

■石棺・納骨所(カロート)

石棺は、墓の下を石で四方囲み、お骨を納める空間です。関西では底は塞がず、そのまま新しい土を入れ、お骨が土にかえりやすくされています。

■墓石

墓石は竿石の巾で、7寸から1尺まで大きさがあり、標準的な1聖地(900mm角)で8寸、4聖地以上になると9寸以上の墓を建てることが多いようです。



オリジナル墓 (特別創作石碑)

宝塔型石碑

宝塔型石碑

笠塔婆型石碑

笠塔婆型石碑

↑ページ先頭へ