ホーム : 京都の墓地・霊園紹介 : 南丹市八木・阿弥陀寺

京都に住み、京都に眠る。
墓地・霊園・京石碑について

南丹市八木・岡花山 阿弥陀寺

南丹市・八木の豊かな田園風景の中、地域を見守るかのように阿弥陀寺があります。
京都・桂川の源流である“大堰川”が目の前に悠々と流れ、ゆったりとした時間を感じることができる南面のお寺です。
境内はいつでもお掃除が行き届き、気持ちよくお参りができます。

  • 墓地名 阿弥陀寺(あみだじ)
  • 所在地 京都府南丹市八木北広瀬岡花12
  • 宗旨宗派 臨済宗・妙心寺派
  • 聖地規模 1区画(1,360mm×1,360mm)~
    詳しくはお問い合わせください。
  • 周辺環境
    おだやかな田園風景が広がり、その中心に大堰川がゆったりと流れています。
    大堰川河川公園には多くの桜が植樹され、春にはお花見でにぎあいます。
  • 交通手段 
    お車:京都縦貫道八木東ICより約5分
    電車:JR八木駅より車で5分

    永代供養のご相談も受け付けられてます
    詳しくはお問い合わせください
    阿弥陀寺永代供養についてはこちら

    お問い合わせ メールやお電話にてご相談ください
    0120-039-148 (通話料無料フリーダイヤル)



  • 阿弥陀寺について 
    阿弥陀寺は1570年に創建されました。
    京都・龍安寺塔頭である西源院の末寺です。
    ご本尊は阿弥陀如来で、丹波・阿弥陀信仰の源流であるとも言われています。

    現住職は、世界的に活躍をされた〝横山勝也師〟を師事とする尺八奏者でもあります。 本山及び各寺院の宗教儀式には、二尺四寸の長管にて献笛を行われています。 また、ここ阿弥陀寺でも琴との演奏会を催されたり、来山された方々にも演奏してくださいます。

  • 阿弥陀寺の見どころ 
    <宝篋印塔>
    阿弥陀寺の鐘楼門を入ってすぐ左手に宝篋印塔があります。
    宝篋印塔は、口丹地方では大変珍しい存在で、特にこの塔は南北朝時代前期の作とされており、優れた石造美術品の一つです。 石の種類は花崗岩で、高さは約170cmあります。

宝篋印塔

本堂前の庭

  • <水子子安地蔵菩薩>
    近くの田園より阿弥陀寺を臨むと、まず目に入るのがこの大きなお地蔵様です。
    おだやかなお顔で、皆を見守ってくださっています。
    子供達の将来を祈願し、多くの方がご参拝に来られています。

阿弥陀寺の目印ともなるお地蔵様

優しいお顔のお地蔵様

  • <お寺と檀家さんの絆>
    檀家さんとの繋がりを大事にされている、阿弥陀寺さんには近隣の方はもちろん、遠くからも檀家さんの作品・声が届きます。 これは入院をされている檀家さんからお寺に届けられた詩です。
    門前の掲示板でも紹介されていますよ。

“風”宅間義雄さんの作品

“星”宅間義雄さんの作品

  • 南丹市・八木のご紹介 
    八木町は平成18年1月1日、園部町、日吉町、美山町と合併し「南丹市」となりました。
    南丹市は、京都府のほぼ中央部に位置し、緑豊かな自然に恵まれた地域で、大半を丹波山地が占め、北部を由良川が、中・南部を淀川水系の桂川(大堰川)が流れ、その間にいくつかの山間盆地が形成され、南部は亀岡盆地につながっています。
    八木の周辺には、スプリングスひよしや府民の森ひよしなどの日吉ダム周辺施設、日本の原風景の残るかやぶき民家群、るり渓高原、清源寺の十六羅漢像などの見どころがあります。
  • 八木の観光場所 
    <氷室の里>
    八木は京都府有数の食材供給地です。ここ氷室の里では、八木の農村文化を体験することができます。
        リンク氷室の里の情報はこちら
    <城山>
    八木町の西、亀岡市との境にそびえたつようにある城山(しろやま)には八木城址があります。
    丹波守護代内藤氏の居城として伝えられ、 15世紀~16世紀に丹波地方の中心として機能していました。 戦国時代に名を馳せ波乱の人生を送ったキリシタン武将、内藤ジョアンゆかりの城としても知られています。
      リンク城山の詳しいの情報はこちら
  • 関連情報 

    女子ブログにて、阿弥陀寺さん御住職による「門前のことば」を紹介しています。どうぞご覧ください。
    ・京都の石屋 女子ブログ(阿弥陀寺)

    お問い合わせ メールやお電話にてご相談ください
    0120-039-148 (通話料無料フリーダイヤル)

    墓所の前には周辺の美しい景色が広がっています
    6月からは蛍が墓地にも飛んできます。

    本堂

    6月下旬から毎年綺麗な蓮が咲きます

    参道と建石

    地蔵菩薩となりの可愛いお地蔵さま

    お寺から見えるのどかな田園風景

    春には大堰川は桜で満開になります

  • ↑ページ先頭へ