ホーム : 人気のブランド墓石材

京都に住み、京都に眠る。
墓地・霊園・京石碑について

京都・関西で人気のブランド墓石材

海に囲まれ七割の面積を山が占める日本列島では、沖縄から北海道まで、さまざまな石材が産出できます。ただ墓石に使える石材となると、かなり限られます。以前は採れていた石材も中国材が大量に輸入された影響で競争力がなくなったり、後継者不足で採石場を閉めた産地も少なくありません。そういう意味では現在も採れて、店頭で販売されている国内産の墓石材は、ブランド品としての価値を得たものばかりと言えます。多くの良質な墓石材が採れる産地として有名な地域は、関東の茨城(真壁、羽黒他)、東北の福島(滝根、浮金、磐梯他)、九州の福岡・佐賀(天山、椿他)、その他、岐阜、愛知と数多くあります。なかでも関西で人気の墓石は、瀬戸内海の沿岸に点在しており、庵治石や大島石などは、日本を代表する墓石の高級ブランドとして知られています。その中で、私どもが厳選した銘石をご紹介いたします。

国内産/墓石用・銘石紹介

●庵治(あじ)石/細目石・中細目石・中目石

庵治/細目石
(黒雲母花崗岩)
香川県木田郡庵治町

庵治/中目石
(黒雲母花崗岩)
香川県木田郡庵治町

あじ石の歴史は古く、平安時代後期から採石・加工され、すでにこの頃から、遠く京都まで送られています。あじ石の故郷は、香川県高松市の東部にあり、山の全域が花こう岩の層である八栗五剣山です。石の正式名称は細粒黒雲母花こう岩といわれ、風雪に耐える堅い石質、優美な光沢と色、きめの細かさ、中でも細目になるほど、青味を帯びた石目に鱗状のかすかな文様(フと呼ばれる)が浮かび、石材界の貴重品となっています。あじ石は「花崗岩のダイヤ」と称され、最高級ブランドの墓石材として国内だけでなく、世界に広く知れわたり高い評価を受けています。そしてこれは石質だけでなく、産地における石材加工技術の高さにも裏付けられたものといえます。あじ石は大きく分け、最高級品の細目(こめ)と、高級品の中目があります。細目は最高の墓石を求められ方には、これ以上のものは無い銘石ですが、中目は、黒い斑点がパチパチと散りばめられているのが特徴的で、京都では高級墓石として大島石と並んで好まれている石です。


●伊予大島石

伊予大島石
(角閃黒雲母花崗岩)
愛媛県越智郡宮窪町

大島石は、瀬戸内海に浮かぶ大島で採石されます。江戸時代から美しく堅牢な石として知られてましたが、採石技術の未熟さ、搬出の難しさなどから、一部の人だけが知る銘石でした。しかし明治、大正、昭和にかけての技術進歩と機械化等により採石量が増えるにつれ、高級墓石材として絶大な信用と支持を得て、全国に知られるようになりました。大島石の特徴の第一は、石目が青く細やかなこと。青磁の肌を思わせる気品から、石の貴婦人と呼ばれています。また、石の堅さ吸水率の低さは、国産花こう岩の中でも一、二を競い、その永い伝統と実績に裏付けられて、まさに百年品質の名にふさわしいものがあります。


●青木石

青木石
(花崗岩)
香川県丸亀市広島

青木石の産地は瀬戸内海、塩飽諸島二十八の中で最も大きく広い広島です。現在では島内に暮らす人は少なく、人々は対岸の丸亀市に住み、毎朝、フェリーに乗り、採石や加工の仕事に向かっています。青木石も採石の歴史が長く、豊臣秀吉が大阪城を築城した時に使用したのが始まりだといわれています。以来、数百年を経た今日でも、墓石材を始め、記念碑、石像、建築石材と幅広く活用されたています。 特徴は、おちついた優しい石の目合いで、特に女性に好まれています。石目には黒口と白口がありますが、墓石では黒口に人気があります。国産石の中では比較的安価なため、最近はお求めになられる方が多くなっています。


●北木石

北木石
(花崗岩)
岡山県笠岡市北木島町

北木石は、笠岡市の北木島から採石されます。青木石同様に、古くは大阪城の石垣に使われましたが、靖国神社の大鳥居や、天皇陵での鳥居などにも使われるように、昔から品質の良い大きな石が採れるため、全国に販路が広がってています。石色としては、白と錆びの2種類があり、墓石としては白色が使われています。中でも特に白いものは、白水晶と称されています。また、錆び色の石は、同じ岡山産の万成石とともに、建築の内装に多く使用されています。


●万成石

万成石
(角閃黒雲母花崗岩)
岡山市北西部万成地区

優しく淡い桃色の御影石です。見た目よりも硬質で吸水率が低く、大正時代より建築石材として人気があり、伊勢丹、阪急ビル、日本放送協会、日生劇場、岡山県立大学、岡山県立美術館等、大型施設の壁や床材に多く使われてきました。華やかで美しい色合いが建築物だけでなく、歌碑や記念碑等のモニュメント用としても好まれ、イサムノグチをはじめ多くの芸術家に愛されてきました。また吉田茂、高村光太郎、吉川英治、石原裕次郎、横山やすし、本田美奈子などの、多くの著名人のお墓にも使われています。万成石のなかでも、特に濃くて鮮やかな桃色の石は「竜王石」と呼ばれています。(参考/万成石材採掘販売組合)

石の産地紹介(国内産銘石)

京都をはじめ関西における墓石は、古くより瀬戸内海の庵治、大島、北木石などが銘石として好まれてきました。これら国内産石の産地は、海沿いの山や島の中にあり、海底火山の隆起でできた岩盤のため、硬質でキメ細かく、美しい石目なのが特徴です。産地と関西との石の歴史は長く、豊臣秀吉が大阪城築城の際にも使われています。京都でも、かつて白川や鞍馬から銘石が採れ、燈篭や石碑にも使われてましたが、今はもう産出できず、非常に価値が高い石となっています。同じように、庵治を筆頭に瀬戸内海の銘石も産出量が限られ、さらに墓石全体にキズやボセイなどの不良が無い石を切り出すのは、産出量のおよそ10%といわれ、価値が高くなっています。

石の切り出し風景

石の切り出し風景

国内産/墓石用銘石産地

国内産/墓石用銘石産地

↑ページ先頭へ