ホーム : 京都の墓地・霊園紹介 :臨済宗  大徳寺塔頭「興臨院」

京都に住み、京都に眠る。
墓地・霊園・京石碑について

興臨院(大徳寺内塔頭)

 大徳寺は、京都の中心地から少し離れた洛北に位置し、とても静かなところです。
 臨済宗大徳寺派の大本山で、千利休や信長、秀吉にまつわる有名な塔頭寺院も多く、興臨院もその中の一つです。
 大徳寺山内の空気の澄んだ広い敷地は、紅葉や竹林と雰囲気が良く散策するのもお勧めです。

  • 墓地名 興臨院(こうりんいん)
  • 所在地 北区紫野大徳寺内
  • 宗旨宗派 臨済宗大徳寺派
  • 聖地規模 詳しくはお問い合わせください
  • 主な設備 水場
    ※お車でお参りの際は、大徳寺の駐車場をご利用いただく事になります。
     駐車場の係に墓参りの旨をお伝えください。
  • 周辺観光情報
    大仙院、龍源院、今宮神社、源光庵、あぶり餅、神馬堂葵餅
  • 交通手段 
    ■市バス 大徳寺前下車 徒歩約5分
    ■地下鉄北大路駅 徒歩20分

  • ※興臨院は一般公開されておりません。春と秋の特別公開のみ
    「大徳寺 興臨院 春の非公開寺院特別公開」
      2015/3/22(日)~6/7(日) 10:00~16:00

墓所入口

ひしゃく、バケツ置場

区画整理されています

明るく清潔な墓所

募集聖地

その他聖地ございます

墓所風景

墓所には色鮮やかな梅が咲いています

お問い合わせ メールやお電話にてご相談ください
0120-039-148 (通話料無料フリーダイヤル)



  • 興臨院の見どころ 
    <畠山義総 ゆかりのお寺>
    戦国時代、能登の守護である畠山義総(はたけやまよしふさ)により建立されました。
    以後、菩提寺となり、興臨院は義総の法号『興臨院殿伝翁徳胤大居士』が由来となっています。
    開山は大徳寺第86世小渓紹怤(しょうけいじょうふ)和尚(仏智大通ぶっちだいつう)です。
  • 興臨院の古門として有名です
    大徳寺内でも有数の古い門です(重要文化財)

  • <興臨院と前田利家>
     畠山義総は戦国時代の武将で、能登の畠山氏の全盛を築いた人物でしたが、
    興臨院を建立直後に本堂が火事で消失してしまいました。そして、畠山家も衰退していきます。
     再建後、前田利家が屋根等の修復を行い、前田家の菩提寺となりました。

  • <本堂(方丈形式)>
     方丈は、禅宗のお寺特有の造りで、部屋が6つに分かれています。
    中心の部屋を室中の間(しっちゅうのま)といい、ご本尊が安置されています。
    開祖である畠山義総の像が正面に祀られており、その左隣に前田利家のお位牌が並んでいます。
    大徳寺塔頭にはそれぞれ、開祖のお墓がありますが、興臨院には前田利家のお墓はありません。
  • 庫裏

  • <唐門(重要文化財)>

    唐破風(からはふ)、桧皮茸(ひわだぶき)で
    室町時代の特徴をよく表わしています

  • <枯山水庭園>
     方丈前の庭園は中国の蓬莱山(ほうらいさん)をイメージして作られた枯山水庭園。
    この庭園は昭和の小堀遠州と言われた中根金作(なかねきんさく)氏によって作庭されました。
  • 美しく広がる白川砂 海を表現しています
    あたかも水が流れているかのよう

  • <涵虚亭(かんきょてい)>
     大徳寺は別名、茶面と呼ばれ大徳寺の全ての塔頭に、お茶室が設けられています。
    興臨院のお茶室は涵虚亭(かんきょてい)と呼ばれ、入口が2つある特別な造りをしています。
     武士であろうが、何人でもお茶の前では平等であり、躙口(にじりぐち)は頭をさげなければ中に入る事ができませんが、位の高い人にまで、頭を下げて頂くわけにはいかないと、入口がもう一つ作られています。
     千利休の躙口と古田織部によって作られた貴人口(きにんぐち)に分かれています。
  • 涵虚亭(かんきょてい)

  • 他にも興臨院さんの魅力がたくさんつまった写真をお届けします 
  • 美しく、情緒あふれる “花頭窓(かとうまど)”
    客待の花頭窓等は禅宗の建築様式をよく表わしています

    爪塚(つめづか)

    琴心塔(きんしんとう)

    室内は撮影禁止です ぜひとも特別公開にて拝観されてはいかがですか

  • →興臨院 墓地情報
  • →興臨院の見どころ

  • お問い合わせ メールやお電話にてご相談ください
    0120-039-148 (通話料無料フリーダイヤル)

    ↑ページ先頭へ